雑学

262の法則(働きアリの法則)のその先の話

更新日:

雑学的な話になりますが、組織運営に関わる内容でもあるのでここで紹介してみたいと思います。

262の法則や働きアリの法則と聞いて、ピンと来る方も多いと思います。かいつまんで言うと、会社などの組織に人を集めたとき、例え優秀な人ばかりを集めたとしても、その中でめちゃくちゃよく働く人とサボる人が現れるという話です。ここまではけっこう知られた話だと思いますが、この話の続きについて知らない方も多いのではないでしょうか?

262の法則(働きアリの法則)とは?

まずは262の法則について説明したいと思います。働きアリの法則という名前にもあるように、この法則の話の出元はアリの社会の研究です。

アリの社会を研究してみると、全体の2割は一生懸命働き、6割はそれなりに働く、後の2割はサボっているということが分かりました。また、サボっている2割だけ取り除いて新しいグループを作ったり、一生懸命働く2割だけを集めて新しいグループを作ったりしてもやはり262の割合で働き者とサボってしまうアリに分かれるという研究がされています。

ここまではよく聞く話で、人間社会に当てはめると、職場でサボってしまう人がいくらか出るのはしょうがないねという話をする際の引き合いに出されたりします。

262の法則のその先

262の法則には続きがあります。それは、サボっていると見られていた2割にもちゃんと役割があるという話です。

アリの社会を更に研究してみると、サボっている2割のアリもずっとサボり続けている訳ではなく、一生懸命働いているアリが疲れて働けなくなった時にはバトンタッチして働き出すということが分かりました。そしてこの役割はアリ社会の存続のために非常に重要だそうです。

もし、10割のアリが全て一生懸命働いてしまうと、そこから更にやらないといけないことが増えたときにどうしようもなくなってしまいます。普段働かない2割はそんな事態を防ぐための重要な役割を担っているのです。

以上が262の法則とその先の話です。アリの話を人間社会に当てはめるのはどうなんだろうという気もしますが、アリは非常に多くの数が一緒に生活している(アリの種類にもよりますが、1つの巣に数万~数十万匹ほどいるようです)生き物です。数だけで言えば人間の会社組織なんかよりも全然多いので、多くの数が効率よく動くやり方と言う点では参考になるところもあるのかもしれません。

262の行動は本能的に理解できるところもありますよね。例えばバーベキュー場で皆で準備しているときにスタートで出遅れてしまうとやること無いから傍観しておこうみたいな状況とか。。

似たような話で「社会的手抜き」というのもあったので紹介だけしておきます。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/社会的手抜き

ad



人気記事

1

中小企業診断士の模試情報です。スタディング、LEC、TAC、クレアール、大原の5社の模試情報をまとめています。

2

ふぞろいな合格答案は中小企業診断士2次試験対策として受験生の間では著名な本で、非常に優れた過去問兼参考書です。独学で受験される方は絶対に取り組んで欲しいです。

3

中小企業診断士試験向けのおすすめテキストをレベル別に整理しました。以下に載せたものは全て私が実際に試験対策として使用したものです。

4

ここでは、中小企業診断士2次試験対策を独学でこなす際の学習教材、スケジュール、学習方法についてまとめました。2次試験は1次試験とは異なり知識の丸暗記だけでは対応できません。基礎的な読解、作文力が求められ、加えて中小企業診断士2次試験のクセ、特徴のようなものに適応する必要があります。

中小企業診断士試験対策通信講座5社比較 5

スタディング、診断士ゼミナール、LEC、TAC、クレアールの特徴、弱点、口コミ情報、価格などを比較しています。

-雑学
-, ,

Copyright© 通信講座+独学で【中小企業診断士試験】に半年間(350時間)でストレート合格した勉強法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.