「 事例Ⅳ 」 一覧

【中小企業診断士試験】2次試験事例4〈キャッシュフロー計算〉

キャッシュフローを計算する目的は、実際のお金の収支を把握することです。キャッシュフロー計算をしない場合どうなるかというのを考えてみると、会社の業績を知るための資料はBS(貸借対照表)とPL(損益計算書)だけになります。BS、PLでは実際にお金の動きが無くても数字が増えたり減ったりすることがよくあるため、お金の流れが分からなくなってしまいます。

平成31年度以降の2次試験事例Ⅳ新傾向対策

問1は財務諸表を用いて経営分析をする問題 問4では年ごとに異なるテーマについて記述を求める問題 頻出論点は、CVP分析、CF(キャッシュフロー)計算、投資判断、期待値問題、WACC辺りに集約される

Copyright© 通信講座+独学で【中小企業診断士試験】に半年間(350時間)でストレート合格した勉強法 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.