「学習方法(2次試験)」 一覧

【2次試験の解き方例】平成30年|事例Ⅰ|中小企業診断士

ここでは私の2次試験の問題の解き方を紹介したいと思います。「これとこれに気を付ければOK」というようなキレイにまとまった内容ではなく、私が試験問題を解くときにどんな風に考えているのかというのをツラツラ長々と書いたものです。読みにくく、まどろっこしく感じると思いますがこの方が伝わることもあるかと思い、書き出してみました。

【2次試験】独学勉強方法まとめ|中小企業診断士

ここでは、中小企業診断士2次試験対策を独学でこなす際の学習教材、スケジュール、学習方法についてまとめました。2次試験は1次試験とは異なり知識の丸暗記だけでは対応できません。基礎的な読解、作文力が求められ、加えて中小企業診断士2次試験のクセ、特徴のようなものに適応する必要があります。

【中小企業診断士試験】2次試験対策と1次試験対策の違いは?

中小企業診断士試験の1次試験対策と2次試験対策は大きく異なります。1次試験では専門知識の暗記中心だったのに対し、2次試験では実際に問題を解くことを繰り返すアウトプットの学習が中心になります。

ファイナルペーパーと2次試験までに達したい境地【中小企業診断士試験】

受験生の中には、2次試験の問題に適応し、安定的に高得点が取れる状態になることを「悟る」という言い方をする方がいるのですが、ピッタリの表現だと思います。到達したいのはこの境地です。

平成31年度以降の2次試験事例Ⅳ新傾向対策

問1は財務諸表を用いて経営分析をする問題 問4では年ごとに異なるテーマについて記述を求める問題 頻出論点は、CVP分析、CF(キャッシュフロー)計算、投資判断、期待値問題、WACC辺りに集約される

Copyright© 通信講座+独学で【中小企業診断士試験】に半年間(350時間)でストレート合格した勉強法 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.